過食をやめて体に優しい生活を

過食をやめて体に優しい生活を

「過食」とは、字のごとく”食べ過ぎる”ということです。
しかし一言に食べ過ぎといっても、単なる食べ過ぎの時や、ドカ食いをしてしまった時、さらには摂食障害といった治療を要する症状になってしまった時も「過食」となります。

 

過食は決して体にいいことではありません。

 

ところが、毎日忙しい現代人にとって過食はいつも隣り合わせにいるものなのです。時間に追われ、食事が取れないと次の食事でドカ食いに走ってしまうことがあります。これが過食に繋がっていくのです。
ストレスも同じです。ストレスを解消するために食べ、食べる量が適量を超えてしまうと過食に繋がります。

 

過食は体にとっても心にとっても本当に辛いものです。

 

このサイトでは過食がどのようなことから起こるのかを探り、過食をすることが体にどれだけ悪い影響を及ぼすかを分析し、最終的に過食を避けていくためにはどのような生活を送っていったらいいのかを説明していきます。

 

私自身も摂食障害まではいきませんが、過食に悩んだ時期がありました。(いまだに過食してしまう時もありますが・・・)日々試行錯誤した結果、過食を避けることが出来るようになりました。

 

過食をやめたいけれど、どうしてもやめられない方に読んで頂きたいサイトです。